肩こり・腰痛・外反母趾・坐骨神経痛・各関節痛・骨折・脱臼・捻挫・打撲・スポーツ障害など


テーピング

スポーツの現場では欠かせないテーピング。
実はさまざまな用途が有り日常生活を助けてくれます。

「テーピング」は、スポーツの部活動など経験している人は馴染みがあると思いますが、素材の選択や目的、用途によって実に様々な種類があります。
プロがテーピングを活用する際に大切にしていること。知りたくありませんか?

当院で主に使われているテーピングをご紹介いたします。

  • ケガの固定

    スポーツ外傷など、の応急処置の固定としてのテーピング。
    捻挫:靭帯損傷した関節を、捻った方向(損傷した靭帯がのびないように)に動かないように制限して安静を保ちます。(非伸縮テープ・伸縮テープを損傷に合わせて使用)

    挫傷:いわゆる「肉離れ」。損傷した筋肉の収縮・伸展を制限する。(非伸縮テープ使用)
    ※いずれの場合も常用ではなく、一時的な固定としてテーピングします。

  • ケガの予防

    スポーツなど、体を動かす場合に以前損傷した部位(古傷)を保護し、不安なく体を動かす為にテーピングします。上記固定と同じ方法で不安定な関節の固定や、保護するべき筋肉を固定します。捻挫・挫傷・脱臼の再発予防に用います。(損傷の度合いによって伸縮テープや非伸縮テープ、自着性テープなどを用います。)

  • パフォーマンス(機能)の向上

    伸縮性テープを筋肉の走行に沿って貼付します。この時、筋肉を伸展した状態で貼付します。このテーピングをすることで皮下の体液循環や筋肉の滑走を改善し、筋本来のパフォーマンス向上が期待できます。
    また、寝違えや急性腰痛の処置としても効果が期待できます。

  • 外反母趾

    外反母趾を矯正するためのテーピングです。
    外反母趾は靴を履く日本人に多く見られます。靴の機能が良い反面、指本来の機能が損なわれるために「浮き指」になってしまい、重心が後方に移動することによって猫背傾向になり腰痛・肩痛や巻き爪の原因にもなります。
    痛みが無い場合でも荷重位置を改善していくことで姿勢や体質、健康に大きく関わってきます。

このように、テーピングといっても様々な目的や効果があります。
私たちは専門家として最新鋭のより機能的なテーピングを提供できるよう勉強会を開き、日々研鑽しております。
テーピングについて、分からないことがありましたらスタッフにお尋ねください。

  • 元気になる整骨院 のご案内
住  所:
東亰都立川市錦町4-4-5 大山ハイツ1F
アクセス:
JR南武線 西国立駅 改札を出て右方向に進み踏切を渡って左方向に直進。立川病院東の交差点をわたってすぐの1Fパン屋さんの隣です。
  • お問い合わせはこちら
受付時間:
平日:午前 9:00~12:30 午後 15:00~20:30
土曜:午前 9:00~12:30 午後 14:00~17:00
休診日 :
毎週日曜日