肩こり・腰痛・外反母趾・坐骨神経痛・各関節痛・骨折・脱臼・捻挫・打撲・スポーツ障害など


整復という技術

日本独自の伝統的な徒手技術
投薬も手術も必要としない自然療法

国家資格者が施術します

整骨院で働く先生は「柔道整復師」という国家資格者です。
全員、日本独自の伝統療法である「整復術」という技術を学んでいます。
骨折や脱臼などのケガで生じた損傷箇所を、もとの正常な位置に治す技術のことです。

今、見直される自然療法

整骨院では、注射も投薬もしない。放射線を当てることもない。もちろん手術もしない、正真正銘の自然療法です。手で身体に触れていくことで問題のある場所を探り当て整復していきます。
気持ちよくするだけのマッサージとは違い、本来あるべき身体の状態にやさしく戻していくことを目的としています。
私たちの業務領域を超える症状については、提携病院にご紹介いたしますので遠慮なくご相談ください。

柔道整復の歴史

「柔道整復」と言う言葉が初めて使われたのは大正時代になってからのことです。
「柔道整復」とは、柔道整復術を使って骨折や脱臼、打撲、捻挫などの施術をすること。
柔道整復は、医業類似行為であり、柔道整復師法(15条)に、医師である場合を除き、柔道整復師でなければ、業務として柔道整復を行なってはならないことが定められています。
実際に柔道の練習では骨や筋、関節などに強い力がかかり、骨折や脱臼、打撲、捻挫をすることも少なくありません。元々は、そういった患部を施療することから始まったのがルーツです。

ケガの種類

脱臼(だっきゅう)・・・骨の関節が外れること。
捻挫(ねんざ)・・・関節を捻って痛めること。
打撲(だぼく)・・・体に外的な力が加わって起こる痛み。
骨折(こっせつ)・・・骨が折れること。   
挫傷(ざしょう)・・・筋肉を痛めること

整復の目的

整復には、皮膚の上から骨折によってずれた骨を元の正しい位置に戻し、ずれを小さくする目的があります。骨折の種類や部位、程度によって

徒手整復(としゅせいふく)
牽引(けんいん)による整復
手術による整復(病院へのご紹介)

の中から施療法が選択されます。
いずれの場合も、骨折した骨を正しい位置に戻し、正常な回復を促すために行います。

リハビリ

整骨院ではリハビリのために通院する方も多くいます。
リハビリの目的は、骨折などの処置をした後に出来るだけ早く関節を動かし、筋力を使う訓練をすることで身体の運動機能をケガをする前の状態に戻すことにあります。
入院など長期間安静にする必要があるケガの場合はケガしていない腕や脚なども筋力が落ちて、曲げたり伸ばしたりしづらくなります。早期に正しくリハビリを開始すれば、関節が固まったり筋肉が衰えたりというリスクを回避でき社会復帰を早めることができるのです。

  • 元気になる整骨院 のご案内
住  所:
東亰都立川市錦町4-4-5 大山ハイツ1F
アクセス:
JR南武線 西国立駅 改札を出て右方向に進み踏切を渡って左方向に直進。立川病院東の交差点をわたってすぐの1Fパン屋さんの隣です。
  • お問い合わせはこちら
受付時間:
平日:午前 9:00~12:30 午後 15:00~20:30
土曜:午前 9:00~12:30 午後 14:00~17:00
休診日 :
毎週日曜日